jump to navigation

数値で見る2017年シーズンのチャージャーズ(守備) 2018/01/16

Posted by boltskanrinin in Chargers.
add a comment

今回は守備。

ぱっと見でわかる、めちゃくちゃ良くなりました

タッチダウンもフィールドゴールも減少。点を取られなくなりました。それらが減った分はパントに変わっている。去年まではズルズルと攻め込まれて失点してたのが、今年は踏ん張って失点を食い止めた。フィールドゴールも減ってるので攻め込まれる機会も減ったということです。

ただ、気になるのはターンオーバー。実はこれも減ってます。相手のボールが奪えなくなった。言い方を変えれば、パントに追い込んでるがボールは奪えないので、攻撃開始のフィールドポジションはあまり良くないと言う事です。攻撃はターンオーバー減ってパントだとしても陣地は回復。これが守備を助け失点減少につながってますが、守備は攻撃を助けられてないと言う事です。

去年は、やるかやられるかの派手な守備でしたが、今年は派手さはなくなったが堅実な守備に変わったと言う事。実は攻撃もそうなので、チーム全体として大人しくなったと。パントの蹴りあいって試合が増えたのかもしれませんね。

守備の成長の方向性は間違ってないです。DC残留も本当に良かったと思います。あとはいかに相手ボールを奪うか。ここが強化されるとすごいチームになる可能性がありそうです。