jump to navigation

数値で見る2017年シーズンのチャージャーズ(攻撃) 2018/01/12

Posted by boltskanrinin in Chargers.
trackback

今日は攻撃のデータを眺めます。

言いたいことは上のイメージにまとめてます。

一言で言えば得点力は落ちた。これですね。

左下のグラフは実数比較なんですが、昨年に比べて最も改善したのはターンオーバーです。激減してるんです。

で、ターンオーバーが減った分得点増えてるでしょって思うじゃないですか。

実態は、ターンオーバー減った分はほぼパントに変わってます。

相手にボールを渡す時に去年はターンオーバーで即渡してたのを、今年はパント蹴って渡しました。だから、ターンオーバーの減少はむしろ自チームのディフェンスを助けた。こういう解釈ができますね。

得点力については困ったことにタッチダウンもフィールドゴールも去年から減ってるんです。ターンオーバー減らしたのに得点力落ちてる。なんてことだと。

大きいのはフィールドゴールの減少。去年も多くはないのに今年はさらに減りました。ご存知の通りキッカーに苦労したシーズンでした。ここを改善すればフィールドゴールは増えるしパントもさらに減るはずです。間違いなく今オフの補強ポイントです。

そして、タッチダウンが取れない件。悪いのはプレーコールですかね。去年より悪くなってるということで、OC残留しましたが果たしてどうだったのか。こればかりは来シーズンの結果を見て判断するしかありません。

ということで、個人的には攻撃は去年よりも良くなってないと考えます。タッチダウンかターンオーバーかのド派手なスタイルから、パント蹴ってコツコツやりますという地味なスタイルに変わったという感じです。好みはありますが、方向性としては間違ってない。あとは、いかに点を取るかです。くだらないターンオーバーは来年もこの調子で減らして、いかにエンドゾーンに到達するか、そしてエンドゾーンまで届かなかったとしてもフィールドゴールをしっかり決められるか。来年の鍵はここだと思います。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。