jump to navigation

第5回 Super Pick オープニング 2017/01/30

Posted by boltskanrinin in お知らせ.
trackback


2017年に入り、強い寒波が次々と日本列島を覆いました。しかし、今日の東京の街は、春を思わせる暖かさ。街を行き交う人々も、思わぬ春の訪れを、思う存分楽しんでいるようであります。

NFLファンの皆さん、こんにちは。本格的な春の訪れより一足先に、いちたすにたすサバイバルは、シーズンで最も熱い瞬間を迎えます。年間の頂点をかけて戦う2名の挑戦者を、今年もまた、この頂上決戦の場に連れてくることができました。

2名の後ろを振り返りますと、そこには、志半ばで敗れた敗者の存在があります。110名の敗者の思いを胸に、戦いに臨む2名の挑戦者は今、はたしてどのような心境なのでありましょうか。

決戦に挑む1人目の挑戦者は、レギュラーシーズンをトップで勝ち抜けたTMさん、Seattle Seahawksのファンであります。

今年で3年連続のサバイバル挑戦。1年目は第2週で、そして昨年は第4週で敗退と、ここまではなかなか成績が伸びない苦しい戦い。しかし、今年は開幕から好調を維持。チャレンジフラッグを消費することなく第15週に進むと、最終週はタイブレークを見据えた余裕の選択。見事、レギュラーシーズントップの座を勝ち取ったのであります。

不安要素をあげるのであれば、プレーオフ期間全てを休んでいたということ。勝利予想の世界に試合勘というものが存在するかは定かではありませんが、1ヶ月間予想から離れていたことは事実。はたして影響はあるのでしょうか。

そして、対しますのは、Super Pick Playoffsを制覇した、b Minor Waltzさん、Green Bay Packersのファンであります。

今年で3年連続のサバイバル挑戦。1年目は第2週で、そして昨年は第4週で敗退と、ここまではなかなか成績が伸びない苦しい戦い。しかし、今年は開幕から好調を維持。第9週、贔屓チームのGreen Bayでチャレンジフラッグを失うものの、そのあとは見事に立て直して第15週まで完走。プレーオフも最上位シードにふさわしい強さを見せつけての勝ち上がりとなりました。

実は、レギュラーシーズンの間、常にホームチームを指名し続けていました。しかし、Super Bowlにはホームとアウェイの明確な区別はありません。これまでの予想スタイルに、少なからずとも影響が出ることは間違いありません。

相見える両者の紹介を聞いて、お気づきになった方もいらっしゃるでしょう。実はこの2人、ここまで3年間の成績が全く同じなのであります。過去2年の苦戦。そして今年の躍進。全く同じ道を歩んできた2人が、時を同じくして頂点をかけて争う。これはまさに、いちたすにたすサバイバルは、誰にでも勝つチャンスが訪れるという事実を、色濃く映し出しているのではないでしょうか。

敗者にさえも、来年への希望を与える今シーズンの頂上決戦、第5回 Super Pick。半年間の激闘を勝ち抜き、頂点の座に上り詰めるのは、レギュラーシーズンを制したTMか。それとも、プレーオフを勝ち抜いたb Minor Waltzか。

機は熟しました。泣いても笑っても、これが今年最後の勝敗予想。後悔の無い予想を繰り出したその先にある栄光を掴むのは、はたしてどちらか?

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。