jump to navigation

明日はドラフト1巡目 2013/04/25

Posted by boltskanrinin in Chargers.
trackback

20130425-084147.jpg
いよいよ明日はドラフト1巡目。なんとも予想が難しい今年のドラフトですが、様々なモックをまとめるとChargersについてはこんなシナリオが想定されるようです。

1.運良く OT Lane Johnsonが落ちてくる
今となっては実現性がほぼゼロであろうシナリオ。元々は、Eric Fisher指名予想が大半だったのに、その下のJohnsonにすら手が届かんとは。

2.OGのどちらかを指名
まともに行くならこのシナリオが最も現実的である。Chance WarmackかJonathan Cooperだが、個人的にはCooperのほうがフィットするのではと思う。ただ、どうしてもこの位置でOG指名するのは早すぎるのではというモヤモヤも残るわけで。

3.OT DJ Flukerを指名
今日になって急に増えてきたFlukerの指名予想。確かにOTは穴だし、Claryに代わる右のタックルも必要ではある。でも、流石に4番目のOTを全体11位で獲るのはどうだろうか。穴はオフェンスラインだけではない。ディフェンスだってすっかすかですわな。

4.トレードアップしてOT Eric FisherかLane Johnsonを指名予想
無くはない。そこまでして欲しいというのもわかる。管理者も未練杯でこれを決行してるし。でも、現状の世界でこれを実現できるほど、ロスターの状況はよろしくはない。穴だらけだから、指名数を減らすのはちょっとどうかと思う。

5.WR Tavon Austinを指名
根強いWRの指名という選択肢。個人的にはこれはない。こうなったら、またブログ更新ストライキやってもいいほど、これだけはない。

6.その他ディフェンス選手をBPAで
11位であれば、誰かしら美味しい選手が残るはずである。DTでもDEでもOLBでもCBでもいい。あーこの選手落ちてきたかーってのがいれば、すかさず指名することは十分に考えられる。

7.トレードダウンで弾数を増やす
結局のところ、素直に11位で指名するのはJohnsonぐらいなのではと。となれば上記5、6あたりの選手をダシにして、トレードダウンを決行し指名数を増やすというのが、今のChargersにとってはベストなシナリオではないかと思う。あんまりそんなイメージは無いかもしれんが、現状本当に穴だらけである。指名数を増やすのが最も必要なことだと管理者は考えているので、これが第一希望のシナリオということになる。

今年からテレスコGMに代わったこともあり、どのようなドラフト戦略を好むのかが全くわからない。その上、混沌とした状況の今年のドラフト。本当に予測がつかないだけに、何が起こるかすごく楽しみである。

管理人としては、トレードダウンで指名権もらいつつ、CooperかFlukerを獲る。これが理想的な展開かなと思います。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。