jump to navigation

詳報 Week1 vs Vikings 2011/09/12

Posted by boltskanrinin in Chargers.
Tags:
trackback

まずは気になる怪我人から。

●K Nate Kaeding…左膝前十字靭帯損傷
しばらくの間の欠場は間違いなく、シーズンアウトの可能性もありそう。検査の結果、IR入りかロスターに残すか決断するそうですが、明日にもキッカーと契約するようです。キックオフについてはP Scifresでも務まることがわかったので、FG要員でもOKですが。

●DE Luis Castillo…骸骨骨折
こちらもシーズンアウトの可能性が。ローテーションでいろんな選手が登場するポジションとはいえ、主力であるCastilloの離脱は痛いです。先週カットされたヌワーボさんが戻ってくるかもしれません。

●RB Mike Tolbert…膝?
チーム全ての3つのTDを決め大活躍のTolbertも試合終盤に負傷。膝を痛めたようですが、こちらはそれほど重傷ではないとのこと。

オフェンスはまずまずでしょうか。ランもインパクトはなかったですが、ヤードはそこそこ出てますし、パスは完璧とは言えないものの、波に乗ればどんどん進みましたし。パスについては、試合開始後はロングパスをほとんど使いませんでした。カバーがよかったのかはわかりませんが、いつもの迫力はなかったですね。その分、TE Antonio Gatesへのパスが効果的でしたね。難しいキャッチも難なくこなし、頼りになることを改めて証明してくれました。オフェンスラインもこんなもんですかね。前半はガチャガチャしてましたが、段々と良くなっていった印象です。

一方のディフェンスはかなり良かったですね。懸念だったAdrian Petersonのランは98ヤード。走られてはいますが、予想以上に止めてたと思います。パスはわずかに39ヤード。ほぼ完封でした。ランでファーストダウン更新まで届かず、その後のパスをきっちり止めた。リードされた状態でうまくしのげたと思います。タックルミスもポツポツありましたが、見ていてとてもアグレッシブな印象でした。

スペシャルチームはなんというか。まあ、今年も目立つよねと。オープニングのキックオフで103ヤードリターンされTDを献上。そのプレー中にK Kaedingが膝を負傷。キックオフはP Scifresでなんとかなるものの、FGは非常に厳しい状態。実際に通常ならFG圏内でありながら、4th-Downギャンブルをするなど、普通の攻撃ができませんでした。しかし、決まれば同点という大事な40ヤードのFGをScifresが見事に成功させ勢いにのると、そのまま逆転に成功しました。間違いなく今日はScifresがチームを救いました。キックカバーは相変わらずの不安要素であることもはっきりしましたし、キッカーも探さないといけません。何かと不安なスペシャルチームであります。

試合を通しての印象ですが、ずいぶんと落ち着いているなあというものでした。負けてるんだけど焦ってないというか。ディフェンスがしっかり止めてたのでそう思ったのかもしれませんが、昨年のような、こいつらなにやっとんねんという感じはしなかったんですね。チームから自信を感じる。これはいい事なのか、足元を救われる要素となるのか。元々、オフェンスはほっといても進むチーム。それに熱いディフェンスが加わるとなれば、安心感も高まるわけです。となると、大切なのはスペシャルチーム。今シーズンの鍵は、まさにこのユニットが握っている気がしてなりません。昨年も確か開幕戦でLSのBinnを怪我で失ったはずです。今年はキッカー。昨年同様、ズルズルいかないように、次の試合は重要だとおもいます。

広告

コメント»

No comments yet — be the first.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。