jump to navigation

QB 2019/02/08

Posted by boltskanrinin in Chargers.
Tags: ,
2 comments

触れてはいけないポジションになりつつありますが、個人的には若い良いQB置いたら、一気にSuper Bowlまで行ける気がしてますよ。やっぱりRiversは勝てるQBではないというか。

P.Rivers 16試合 347-508 68.3% 32TD 12INT Rate 105.5

G.Smith 5試合 1-4 25.0% 9TD 0INT Rate 39.6

インターセプトが少なくてすごく良かったのに、シーズン終盤に崩れました。このあたりかなあ、持ってないとおもっちゃうのは。来年も紛れもなくエースQBです。が、そろそろ次を見ないといけない。本気で勝ちに行くならもう来年しかないかもしれない。そういったチーム作りをするのかどうか。

でも、今年はなんか愛されキャラに変貌しましたよね。周りが応援してくれる。そんな中一度でもいいからSuper Bowlで見たいものです。

広告

キッカー、パンター、ロングスナッパー 2019/02/06

Posted by boltskanrinin in Chargers.
Tags: , , ,
add a comment

Kicker

M.Badgley FG 15-16 XP 27-28

C. Sturgis FG 9-13 XP 9-15

チームとして今シーズンの成績が良かったのは、「キッカーはBadgleyで行く」と決断したことが大きかったのではと本気で思っています。管理人は、キッカーとパンターが大好きです。とても重要です。

40ヤード前後のFGアテンプトで3点入ったなと余裕で見ていられる。XPで1点取れるなと当然のように思える。こんなのいつ以来よ。John Carneyくらいまで遡らないといけないのではないか。

ただ、大変困った弱点があるようで、キックオフが飛びません。TB率、驚異の16.7%。普通は60%台くらいです。相手の攻撃開始地点で、他より3ヤードほど損してる計算。でも、FG決めるほうが大事よね。契約はあと2年残ってます。

Punter

D.Jones 47回 Avg 42.3 NET 38.0 IN20 15 TB 3 FC 13

D.Kaser 13回 Avg 48.4 NET 35.4 IN20 5 TB 1 FC 2

大ベテランのJonesが支えてくれましたが、数値はかなり物足りない。シーズン途中での加入。UFAとなります。このオフに誰か探さなくていけません。一応、Ty Longという選手が、Reserve/Future契約としてチームにいますね。

Long Snapper

M.Windt

まだやってたのね!!Chargers一筋で来年9年目。2020年まで契約してるということで、来年もよろしくお願いします。

新シーズン始動 2019/02/05

Posted by boltskanrinin in Chargers.
add a comment

昨日をもって大会主催者を引退しました。今日からは、ただのChargersファンとなりました。

ああいう類の企画を動かしてると、選手の名前とか試合内容とかが一切頭に入らなくなります。Chargersの53人ですらよくわからない、そんな状態になります。

オフシーズン、まずは選手の名前を眺めて、他サイトからデータ引っ張ってきて、今年のチームがどんな感じだったのかを理解しようと思います。じゃないとFAとかドラフトとか楽しめませんよね。

ゆっくりとしたペースで、記事をあげていきます。

コーチの契約について 2018/02/07

Posted by boltskanrinin in NFL.
add a comment


NEっちゅうのはいろんなことがありますねえ。

Mock Draft Tracker 2018/01/23

Posted by boltskanrinin in Chargers, Draft.
add a comment

Mock Draft Tracker 1.0 (Chargers公式)

今年も公式サイトで始まりました、Mock Draft Tracker。Bosaの例を見てると、ニーズと言うよりはその時に残ってる一番いい選手を取るのが実はいいんじゃないかとも思いますが、今年1巡指名が予想されるポジションとしては、OT、DTそしてQB。

QBなあ。それよりもKかなあ、欲しいのは。

数値で見る2017年シーズンのチャージャーズ(守備) 2018/01/16

Posted by boltskanrinin in Chargers.
add a comment

今回は守備。

ぱっと見でわかる、めちゃくちゃ良くなりました

タッチダウンもフィールドゴールも減少。点を取られなくなりました。それらが減った分はパントに変わっている。去年まではズルズルと攻め込まれて失点してたのが、今年は踏ん張って失点を食い止めた。フィールドゴールも減ってるので攻め込まれる機会も減ったということです。

ただ、気になるのはターンオーバー。実はこれも減ってます。相手のボールが奪えなくなった。言い方を変えれば、パントに追い込んでるがボールは奪えないので、攻撃開始のフィールドポジションはあまり良くないと言う事です。攻撃はターンオーバー減ってパントだとしても陣地は回復。これが守備を助け失点減少につながってますが、守備は攻撃を助けられてないと言う事です。

去年は、やるかやられるかの派手な守備でしたが、今年は派手さはなくなったが堅実な守備に変わったと言う事。実は攻撃もそうなので、チーム全体として大人しくなったと。パントの蹴りあいって試合が増えたのかもしれませんね。

守備の成長の方向性は間違ってないです。DC残留も本当に良かったと思います。あとはいかに相手ボールを奪うか。ここが強化されるとすごいチームになる可能性がありそうです。

数値で見る2017年シーズンのチャージャーズ(攻撃) 2018/01/12

Posted by boltskanrinin in Chargers.
add a comment

今日は攻撃のデータを眺めます。

言いたいことは上のイメージにまとめてます。

一言で言えば得点力は落ちた。これですね。

左下のグラフは実数比較なんですが、昨年に比べて最も改善したのはターンオーバーです。激減してるんです。

で、ターンオーバーが減った分得点増えてるでしょって思うじゃないですか。

実態は、ターンオーバー減った分はほぼパントに変わってます。

相手にボールを渡す時に去年はターンオーバーで即渡してたのを、今年はパント蹴って渡しました。だから、ターンオーバーの減少はむしろ自チームのディフェンスを助けた。こういう解釈ができますね。

得点力については困ったことにタッチダウンもフィールドゴールも去年から減ってるんです。ターンオーバー減らしたのに得点力落ちてる。なんてことだと。

大きいのはフィールドゴールの減少。去年も多くはないのに今年はさらに減りました。ご存知の通りキッカーに苦労したシーズンでした。ここを改善すればフィールドゴールは増えるしパントもさらに減るはずです。間違いなく今オフの補強ポイントです。

そして、タッチダウンが取れない件。悪いのはプレーコールですかね。去年より悪くなってるということで、OC残留しましたが果たしてどうだったのか。こればかりは来シーズンの結果を見て判断するしかありません。

ということで、個人的には攻撃は去年よりも良くなってないと考えます。タッチダウンかターンオーバーかのド派手なスタイルから、パント蹴ってコツコツやりますという地味なスタイルに変わったという感じです。好みはありますが、方向性としては間違ってない。あとは、いかに点を取るかです。くだらないターンオーバーは来年もこの調子で減らして、いかにエンドゾーンに到達するか、そしてエンドゾーンまで届かなかったとしてもフィールドゴールをしっかり決められるか。来年の鍵はここだと思います。

数値で見る2017年シーズンのチャージャーズ(全体論) 2018/01/11

Posted by boltskanrinin in Chargers.
add a comment

まじめ路線ですまん。

毎週コツコツと集計したドライブ結果のデータを使って、2016年と比較。今日は全体的な話。

まずは2016年ですが…

攻撃はそこそこだけど守備が酷くてなんともならんというシーズン。5勝11敗と大きく負け越し。リバースさんもイライラし続けたわけですね。

それが今年はどうなったかというと…

まずチーム名が変わっとる。LAですよ。

攻撃は順位が一緒。でも数字は悪くなっている。実は、リーグ全体として今年はタッチダウン率が減ってます。集計ミスじゃないといいんですが…。

守備ですが、リーグ全体の傾向を考慮したとしても、ものすごく改善しています。今シーズンプレーオフまであと少しまで行ったのは、守備の向上に要因があると言えそうです。

次からは少し細かく見ます。

そろそろフル充電 2018/01/10

Posted by boltskanrinin in Chargers.
2 comments

1年にも及ぶ充電期間を経て、ようやく起動しそうな予感。

ぼちぼち再開しましょうか。

月1回くらいのペースかな!

第5回 Super Pick オープニング 2017/01/30

Posted by boltskanrinin in お知らせ.
add a comment


2017年に入り、強い寒波が次々と日本列島を覆いました。しかし、今日の東京の街は、春を思わせる暖かさ。街を行き交う人々も、思わぬ春の訪れを、思う存分楽しんでいるようであります。

NFLファンの皆さん、こんにちは。本格的な春の訪れより一足先に、いちたすにたすサバイバルは、シーズンで最も熱い瞬間を迎えます。年間の頂点をかけて戦う2名の挑戦者を、今年もまた、この頂上決戦の場に連れてくることができました。

2名の後ろを振り返りますと、そこには、志半ばで敗れた敗者の存在があります。110名の敗者の思いを胸に、戦いに臨む2名の挑戦者は今、はたしてどのような心境なのでありましょうか。

決戦に挑む1人目の挑戦者は、レギュラーシーズンをトップで勝ち抜けたTMさん、Seattle Seahawksのファンであります。

今年で3年連続のサバイバル挑戦。1年目は第2週で、そして昨年は第4週で敗退と、ここまではなかなか成績が伸びない苦しい戦い。しかし、今年は開幕から好調を維持。チャレンジフラッグを消費することなく第15週に進むと、最終週はタイブレークを見据えた余裕の選択。見事、レギュラーシーズントップの座を勝ち取ったのであります。

不安要素をあげるのであれば、プレーオフ期間全てを休んでいたということ。勝利予想の世界に試合勘というものが存在するかは定かではありませんが、1ヶ月間予想から離れていたことは事実。はたして影響はあるのでしょうか。

そして、対しますのは、Super Pick Playoffsを制覇した、b Minor Waltzさん、Green Bay Packersのファンであります。

今年で3年連続のサバイバル挑戦。1年目は第2週で、そして昨年は第4週で敗退と、ここまではなかなか成績が伸びない苦しい戦い。しかし、今年は開幕から好調を維持。第9週、贔屓チームのGreen Bayでチャレンジフラッグを失うものの、そのあとは見事に立て直して第15週まで完走。プレーオフも最上位シードにふさわしい強さを見せつけての勝ち上がりとなりました。

実は、レギュラーシーズンの間、常にホームチームを指名し続けていました。しかし、Super Bowlにはホームとアウェイの明確な区別はありません。これまでの予想スタイルに、少なからずとも影響が出ることは間違いありません。

相見える両者の紹介を聞いて、お気づきになった方もいらっしゃるでしょう。実はこの2人、ここまで3年間の成績が全く同じなのであります。過去2年の苦戦。そして今年の躍進。全く同じ道を歩んできた2人が、時を同じくして頂点をかけて争う。これはまさに、いちたすにたすサバイバルは、誰にでも勝つチャンスが訪れるという事実を、色濃く映し出しているのではないでしょうか。

敗者にさえも、来年への希望を与える今シーズンの頂上決戦、第5回 Super Pick。半年間の激闘を勝ち抜き、頂点の座に上り詰めるのは、レギュラーシーズンを制したTMか。それとも、プレーオフを勝ち抜いたb Minor Waltzか。

機は熟しました。泣いても笑っても、これが今年最後の勝敗予想。後悔の無い予想を繰り出したその先にある栄光を掴むのは、はたしてどちらか?